航空管制官
職業の内容

航空管制官とはどんな職業?

航空管制官とは、航空無線、コンピュータなどを利用して空の交通整理をする職業です。

具体的には、レーダーで飛行機の位置を確認し、ほかの飛行機と接触したりしないように、飛行方向や高度をパイロットに指示をします。

また、離着陸の許可、気象や飛行場の情報提供なども行います。

 

進路と道のり

航空管制官になるには?

航空政官採用試験または航空保安大学校採用試験に合格し、航空保安大学校に入学します。大学を卒業後、全国の航空交通管制部などに所属されます。

航空交通管制部での研修修了後、航空管制官として任命されます。

なお、在学中に航空無線通信士の国家試験に合格しておく必要があります。

 

給料・収入・年収の目安

航空管制官の給料と収入

航空管制官の収入は国家公務員の俸給に準じます。

年数に応じますが、初任給で月収19万円前後、平均的には月収40〜50万円ほどで、それに各種所手当がプラスされます。

ちなみに、航空保安学校の学生時にも、15万円ほどの給与が支給されます。

航空管制官の推定年収は700万円前後。(詳しくは航空管制官 年収(年収ラボ)をご覧ください。)



航空管制官に関連した職業

航空管制官に関連した職業



<<乗り物・交通関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す