航空整備士
職業の内容

航空整備士とはどんな職業?

航空整備士とは、飛行機が安全に飛べるように機体を整備する職業です。

具体的には、空港でフライトごとに給油やエンジン調整をし、定期的に工場で点検をして、不良部品の交換や修理をします。

 

進路と道のり

航空整備士になるには?

航空整備士になるには、航空整備士の資格(1〜3等に分かれている)が必要になります。

一般的には、工業高校や理工系の大学を卒業した後、整備士養成の専門学校に入ります。国土交通省指定の学校なら3等の資格が取れます。

 

給料・収入・年収の目安

航空整備士の給料と収入

勤務先の会社および等数に応じて大きく異なります。

おおよその年収としては、300〜600万円くらいがボリュームゾーンとされています。ただし、大手勤務、一等航空整備士などは、もう少し高い水準にあります。



航空整備士に関連した職業

航空整備士に関連した職業



<<乗り物・交通関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す