パイロット
職業の内容

パイロットとはどんな職業?

パイロットとは、飛行機を操縦して、乗客や貨物を安全に目的地まで運ぶ職業です。

主に、公共の飛行場を離着陸する旅客機の機長や副操縦士をパイロットと呼びます。

具体的な仕事は、出発前の飛行プランの計画及びクルー(乗組員)との打ち合わせ、飛行中の航空管制官との高度や位置の確認などが挙げられます。

 

進路と道のり

パイロットになるには?

大学や大学院を卒業後、航空会社に就職、養成制度による訓練を受ける方法と、航空大学校で勉強して国家試験に合格する方法があります。

また、その間にも取得しなければならない資格は多く、事業用操縦士、計器飛行照明、航空無線通信士などがあります。

 

給料・収入・年収の目安

パイロットの給料と収入

厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によると、06年のパイロットの平均年収は1,295万円でした。



パイロットに関連した職業

パイロットに関連した職業



<<乗り物・交通関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す