バスガイド
職業の内容

バスガイドとはどんな職業?

バスガイドとは、観光バスに乗って、楽しい旅行を演出するために、観光地のガイドや乗客の世話をする職業のことです。

旅行には定期観光のほか、修学旅行などの団体旅行や旅行会社が主催するバスツアーなどがあります。案内する観光地の地理や歴史、名物、料理などを勉強するとともに、立ちっぱなしのため、体力がいる仕事でもあります。

ちなみに、観光案内をしない運転手以外の乗務員をツアーメイト、バスメイトと呼び、バスガイドと区別しています。

 

進路と道のり

バスガイドになるには?

高校を卒業後、各私鉄のバス会社や観光バス会社、各都道府県の交通局に就職し、バスガイドとして活躍します。

バスガイドになるのに特別な資格はありませんが、バスガイドとしてのマナーや各観光地の特色など勉強することが数多くあります。

また、最近増えている外国人専用バスの場合は、通訳案内業の国家資格が必要になります。

 

給料・収入・年収の目安

バスガイドの給料と収入

厚生労働省の06年の調査によりますと、バスガイドの平均月収は約22.3万円、平均年収は307.4万円でした。



バスガイドに関連した職業

バスガイドに関連した職業



<<生活・暮らし関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す