DIYアドバイザー
職業の内容

DIYアドバイザーとはどんな職業?

DIYとは、暮らしや住まいを自分たちでより良いものにしようという意味です。一般的に、日曜大工と同義語として使われています。

DIYアドバイザーとは、そのDIYを行おうとする人たちに、DIYの用品やその方法などについて、的確に指導助言する役割の人を言います。

 

進路と道のり

DIYアドバイザーになるには?

(社)ドゥ・イット・ユアセルフ(DIY)協会主催の「DIYアドバイザー」検定を受験し、合格すればなれます。試験は一次試験の学科、二次試験の実技・面接に分かれています。

平成18年の最終合格率は33.3%、一次試験(学科)は43.4%、二次試験(実技・面接)は63.9%でした。

通信教育などで資格勉強をすることができます。

 

給料・収入・年収の目安

DIYアドバイザーの給料と収入

基本的に収入を得られる資格ではありませんが、DIYアドバイザーの知識や技術を用いて、生活環境を豊かにしたり、他人にアドバイスできるなどのメリットがあります。



DIYアドバイザーに関連した職業

DIYアドバイザーに関連した職業



<<生活・暮らし関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す