職業ラボTOP生活・暮らし関係の職業フードコーディネーター
フードコーディネーター
職業の内容

フードコーディネーターとはどんな職業?

フードコーディネーターとは、食の歴史や文化から、メニューの企画・構成・演出、店舗のマネジメントまで総合的に食にかかわるスペシャリストのことです。

時代のニーズをとらえた幅広い知識が必要とされ、外食産業や、小売・販売業、公共機関などさまざまな分野で活躍しています。

 

進路と道のり

フードコーディネーターになるには?

日本フードコーディネーター協会が主催する「フードコーディネーター資格認定試験」を取得することでなれます。

試験は3級と2級があり、2級を受験するには3級に合格している必要があります。3級試験はマークシート方式、2級は1次と2次に分かれており、1次はマークシート、2次は記述式試験となっています。

フードコーディネーターの活躍の場は、食品メーカー、外食産業、百貨店などのフード関連の企業に就職するか、テレビや書籍関連の仕事を主としたフリーとして活躍するかに分かれます。

 

給料・収入・年収の目安

フードコーディネーターの給料と収入

企業に就職している場合は、勤務先の給料によります。一般に年収300〜800万円くらいが相場となります。

フリーの場合、活躍の度合によってピンキリになるため、年収200〜1,000万円くらいと幅があります。



フードコーディネーターに関連した職業

フードコーディネーターに関連した職業



<<生活・暮らし関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す