職業ラボTOP生活・暮らし関係の職業福祉住環境コーディネーター
福祉住環境コーディネーター
職業の内容

福祉住環境コーディネーターとはどんな職業?

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者に住みやすい環境をつくるために、医療や建築などの専門的な知識を生かして住まいをコーディネートする仕事をいいます。

具体的には、住宅改修の相談を受け、各機関や医師、介護支援専門員、社会福祉士、理学療法士、作業療法士、建築士などの専門職と連携をとりながら住環境の整備を進めます。

 

進路と道のり

福祉住環境コーディネーターになるには?

福祉住環境コーディネーターになるには?

東京商工会議所 検定センターが主催する「福祉住環境コーディネーター検定試験」に合格し取得することができます。

試験は3級から1級まであり、3、2級と1級の1次試験はマークシート、1級の2次試験は記述式となっています。

 

給料・収入・年収の目安

福祉住環境コーディネーターの給料と収入

一般に資格単体での収入は期待できませんが、建築士、ケアマネージャー、理学療法士・作業療法士、社会福祉士・介護福祉士、福祉用具専門相談員などの周辺知識と組み合わせることで、単体以上の収入は得ることは可能でしょう。

以下に関連職業の平均年収を掲載しておきます。

  • 建築士 平均年収:538万円
  • ケアマネージャー 平均年収:382万円
  • 理学療法士・作業療法士 平均年収:407万円
  • (統計:厚生労働省06)
福祉住環境コーディネーターに関連した職業

福祉住環境コーディネーターに関連した職業



<<生活・暮らし関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す