職業ラボTOP生活・暮らし関係の職業インテリアコーディネーター
インテリアコーディネーター
職業の内容

インテリアコーディネーターとはどんな職業?

インテリアコーディネーターとは、豊かな暮らしを実現するために様々なインテリアの選定やアドバイスを行う専門家のことを言います。

具体的には、依頼主の要求や目的に合わせて、照明器具やカーテン、家具をはじめ、床や壁の材質、キッチンや洗面台といった設備までトータルアドバイスを行います。

インテリアプランナーとの違いは、インテリアプランナーは設計から行うのに対して、インテリアコーディネーターは出来上がった空間をより豊かに演出する点です。

 

進路と道のり

インテリアコーディネーターになるには?

美術系・デザイン系・建築系の大学や短大で勉強した後、(社)インテリア産業協会主催の「インテリアコーディネーター」試験を受験し合格します。

試験は一次試験の学科と二次試験の論文試験から構成されています。インテリアコーディネーターになるには、一次二次ともに合格する必要があります。

ちなみに、平成18年度の合格率は21.9%でした。

 

給料・収入・年収の目安

インテリアコーディネーターの給料と収入

インテリアコーディネーターの資格のみでは難しいですが、建築士や照明コンサルタント、キッチンスペシャリスト、福祉住環境コーディネーター、インテリアプランナーなどの資格と合わせて取ることで、付加価値を高め、生活のトータルアドバイザーとして活躍することができます。

こうしてトータルアドバイザーとして活躍する場合、年収400〜800万円くらいが相場となります。



インテリアコーディネーターに関連した職業

インテリアコーディネーターに関連した職業



<<生活・暮らし関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す