職業ラボTOP生活・暮らし関係の職業消費生活アドバイザー
消費生活アドバイザー
職業の内容

消費生活アドバイザーとはどんな職業?

消費生活アドバイザーとは、消費者と企業や行政との懸け橋となって問題点を調節する役割を担う人を言います。

基本的に行政機関や企業、団体などの消費者相談窓口が活躍の場となり、苦情相談などのアドバイスを行います。

また、商品の性能や安全性に関する情報を提供したり、使用目的に応じた買物のアドバイスをするなど消費者の意向を把握して、提言するなどの活動をします。

 

進路と道のり

消費生活アドバイザーになるには?

(財)日本産業協会が主催する「消費生活アドバイザー」の資格を取得することでなれます。

試験は1次試験の筆記(択一)と2次試験の論文に分かれており、両方をパスすることで合格となります。

例年、合格率は20%弱を推移しています。

 

給料・収入・年収の目安

消費生活アドバイザーの給料と収入

この資格のみでの収入は見込めませんが、行政機関や企業などで消費者相談窓口として活躍することができます。

勤務先によっては1万円ほどの資格手当がつくところもあります。



消費生活アドバイザーに関連した職業

消費生活アドバイザーに関連した職業



<<生活・暮らし関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す