職業ラボTOP生活・暮らし関係の職業テキスタイルアドバイザー
テキスタイルアドバイザー
職業の内容

テキスタイルアドバイザーとはどんな職業?

テキスタイルアドバイザー(衣料管理士)とは、ファッション製品に関する専門知識を生かして、消費者と企業を結ぶ役割を担う仕事です。

具体的な業務は、企画・設計、販売、品質保証、消費者対応活動の4領域に分類されます。

特に期待されるのが販売で、商品の専門知識を生かして消費者に助言し、安心して商品を購入してもらえるように務めたり、販売現場で得られた消費者の声を企業に伝えたりします。

 

進路と道のり

テキスタイルアドバイザーになるには?

(社)日本衣料管理協会が主催する「テキスタイルアドバイザー(衣料管理士)」の資格を取得することでなれます。

TA(テキスタイルアドバイザー)を取得するには、所定の大学の科目を履修することで受験資格が与えられ、TA資格認定試験に合格することで取得できます。

TAには1級と2級があり、1級は53〜43単位を2級は28単位以上を修得する必要があります。

 

給料・収入・年収の目安

テキスタイルアドバイザーの給料と収入

TA単体の資格から収入を得ることはできませんが、アパレル業界や繊維業界で働く場合、昇給や昇進の基準として有利に働きます。



テキスタイルアドバイザーに関連した職業

テキスタイルアドバイザーに関連した職業



<<生活・暮らし関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す