職業ラボTOP接客・サービス関係の職業総合旅行業務取扱管理者
総合旅行業務取扱管理者
職業の内容

総合旅行業務取扱管理者とはどんな職業?

総合旅行業務取扱管理者とは、旅行契約に関する事務を管理・監督する者として旅行業法に定められた国家資格のことです。

旅行業者は営業所ごとに1名以上を配置するように義務付けられています。

具体的な仕事は、旅行の取引に関する条件の説明、提供する旅行サービスの内容や価格など法律で定められた書面の交付、広告の適正な実施、苦情処理、旅行計画、旅行日程の適切な作成、旅行業務取扱料金の掲示、旅行業約款の提示または備え置き、旅行管理のための措置、重要記録・関連記録の保管と定められています。

これらの業務を管理・監督するのが総合旅行業務取扱管理者の仕事です。

 

進路と道のり

総合旅行業務取扱管理者になるには?

国家資格の「総合旅行取扱管理者」試験に合格してなることができます。

試験はマークシート方式で誰でも受験することができます。

ちなみに、05年の総合旅行業務取扱管理者の合格率は25.7%でした。

 

給料・収入・年収の目安

総合旅行業務取扱管理者の給料と収入

資格単体での収入は期待できませんが、旅行代理店などで務める場合、資格手当として1万円/月でるところもあります。



総合旅行業務取扱管理者に関連した職業

総合旅行業務取扱管理者に関連した職業



<<接客・サービス関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す