ビオトープ管理士
職業の内容

ビオトープ管理士とはどんな職業?

ビオトープとは、野生生物の生息空間という意味のドイツ語です。つまり、ビオトープ管理士とは、そうしたビオトープ(野生生活の生息空間)を保全する役割を担った専門家のことです。

ビオトープ管理士には、地域計画と、設計・施工に関する知識や技術に加え、自然生態系に関する広範かつ高度な知識に基づいた応用能力が求められます。

ビオトープ管理士は、ビオトープ事業に関係する行政機関などの事業発注の際に活躍します。例えば、環境省などの入札参加資格審査申請における有資格者として指定されたりします。

 

進路と道のり

ビオトープ管理士になるには?

(財)日本生態系協会が主催する「ビオトープ管理士」資格を取得することでなれます。

資格は、ビオトープ計画管理士・ビオトープ施工管理士の2種に分かれており、それぞれ2級と1級の試験があります。

試験はそれぞれ筆記・口述試験で構成されています。(1級はそれぞれ筆記試験に小論文あり)

 

給料・収入・年収の目安

ビオトープ管理士の給料と収入

環境省や国土交通省などの入札時に有資格者としての需要が高まっています。



ビオトープ管理士に関連した職業

ビオトープ管理士に関連した職業



<<自然・植物・動物関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す