気象予報士
職業の内容

気象予報士とはどんな職業?

気象予報士とは、気象衛星のデータをはじめ気象庁などから提供される様々な気象データや予想データをもとにして、独自の天気の予想を行う職業です。

活躍の場は、国の機関や地方公共団体、民間気象会社、テレビ局などになります。

 

進路と道のり

気象予報士になるには?

高校や大学などを卒業後、「気象予報士」の国家試験に合格し、資格を取得します。その後、気象予報会社や会社などに就職して、気象予報士として活躍します。

あるいは、大学卒業後に国家公務員試験に合格して、国の機関や地方公共団体に入るのも一つの道です。

特に、国家公務員試験はかなりの難関で、狭き門と言えるでしょう。お天気キャスターも狭き門で、また、年々入れ替えが早いポジションでもあります。

 

給料・収入・年収の目安

気象予報士の給料と収入

勤務先、経験、年齢などにより異なりますが、年収400〜600万円ほどが相場とされています。



気象予報士に関連した職業

気象予報士に関連した職業



<<自然・植物・動物関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す