自然保護官
職業の内容

自然保護官とはどんな職業?

自然保護官(レンジャー)とは、国立公園や自然環境保護地域などで、自然が荒らされないように開発を制限したり、歩道などを整備・管理したりする職業です。

公園を訪れる人に自然の大切さを知ってもらうために、自然観察会などの行事を企画・実施することもあります。

 

進路と道のり

自然保護官になるには?

高校、大学などで造園や林学などの勉強をし、卒業後、国家公務員試験に合格し、環境省に採用されます。

その後、全国にある自然保護事務所や自然保護官事務所に配属され、自然保護官として活躍します。

 

給料・収入・年収の目安

自然保護官の給料と収入

国家公務員給与に従います。

詳細は分からないのですが、大卒初任給で20万円/月ほどです。



自然保護官に関連した職業

自然保護官に関連した職業



<<自然・植物・動物関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す