プロ野球選手
職業の内容

プロ野球選手とはどんな職業?

プロ野球選手とは、野球を職業とし、活躍により報酬をもらう選手のことです。

日本のプロ野球は、セントラルリーグとパシフィックリーグに分かれていて、各6チームずつあります。リーグ戦で戦った後に、セ・パ両リーグの優勝チームが対戦して日本一を争います。

近年では、アメリカのメジャーリーグに移籍して活躍する日本人選手も増えてきました。

 

進路と道のり

プロ野球選手になるには?

出来るだけ小さいころから野球を始めます。高校野球、大学生野球、社会人野球で活躍すると各チームのスカウトマンから声がかかります。

その後、毎年行われるドラフト会議で、獲得を希望する選手として指名され、プロ野球選手になれます。

また、各球団の入団テストを受けてプロになる方法もあります。

 

給料・収入・年収の目安

プロ野球選手の給料と収入

日本プロ野球選手公式ホームページによると、平成17年の支配下公示の平均年収は、セ・リーグ4,227万円、パ・リーグ3,267万円、全球団平均3,743万円でした。

ちなみに平均年収が最も多かったのが、巨人で6,246万円、最も少なかったのがオリックスで2,385万円でした。



プロ野球選手に関連した職業

プロ野球選手に関連した職業

  • 関連した職業はありません


<<スポーツ・運動関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す