喫茶店経営者
職業の内容

喫茶店経営者とはどんな職業?

喫茶店経営者とは、喫茶店を経営する者のことです。

喫茶店を経営する上で、その喫茶店の特徴を出す必要があります。

例えば、こだわりのブレンドコーヒーや手作りケーキ、アウトドア風の店内、オープンカフェ、本格ジャズの聴ける店など、アイディア次第でいろいろなスタイルのお店が考えられます。

 

進路と道のり

喫茶店経営者になるには?

まず、喫茶店などの飲食店に勤めるか、コーヒーの入れ方などを学べる学校に通い、基礎を学びます。続いて、調理師やカフェプランナーの資格を取り、お店の開店資金や準備をします。

テナントや従業員の確保、広告宣伝などを行い、お店を開業します。

喫茶店経営者として成功するには、何といってもアイディアです。お店のテーマや内装、インテリア、メニュー、食材、お店の立地から店内のBGMまで、考えることは数多くあります。

そうした事柄を一つ一つクリアにしてゆき、着実な経営を心がけましょう。

 

給料・収入・年収の目安

喫茶店経営者の給料と収入

経営する喫茶店の売り上げにより大きく異なります。

数年の間は安定収入が見込めませんので覚悟しておきましょう。



喫茶店経営者に関連した職業

喫茶店経営者に関連した職業



<<食物・調理関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す