パン職人
職業の内容

パン職人とはどんな職業?

パン職人とは、パンをつくる職人のことです。

小麦などの材料を仕入れ、パン生地をつくって発酵させ、形を作って焼き上げます。

材料の混ぜ方から焼き方、気温や湿度によっても仕上がりが変わってしまうので、ここがパン職人の腕の見せ所です。

仕込みに時間がかかるため、朝が早いのが特徴です。

 

進路と道のり

パン職人になるには?

製パン科のある専門学校で基礎を学び、パン屋やパンメーカーに就職し、パン職人として活躍します。

パン職人になるには、とにかく修行の日々です。毎日、同じ作業を繰り返し、基本動作を身につけます。

特に必要な資格はありませんが、パン製造技能士の資格を取得しておくと良いかもしれません。

 

給料・収入・年収の目安

パン職人の給料と収入

パン屋での収入は、アルバイトで月収10〜13万円ほど、就職後は、勤務先や経験によって異なりますが、月収16〜25万円ほどになります。



パン職人に関連した職業

パン職人に関連した職業



<<食物・調理関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す