調理師
職業の内容

調理師とはどんな職業?

調理師とは、調理師法に基づいて国が認めた資格で、取得すれば「調理師」と名乗ることができます。メニュー作りにはじまり、材料の仕入れ、調理、盛りつけまでをこなします。

ちなみに、料理はおおまかに日本料理、西洋料理、中華料理に分けられ、西洋料理の長をシェフ、日本料理の調理師を板前と呼ぶこともあります。

また、調理師免許がなくても調理をすることはできます。(調理師は名称独占資格)

 

進路と道のり

調理師になるには?

中学・高校などを卒業後、調理師養成学校で学びます。養成学校を卒業と同時に調理師免許を取得。免許取得後、ホテルやレストランなどに就職し、調理師として活躍します。

一人前の調理師と認められるまでは10年はかかる世界と言われています。はじめは見習いとしてコツコツと地道に努力する日々が続きます。

 

給料・収入・年収の目安

調理師の給料と収入

厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によると、06年の調理師の平均月収は25.5万円、平均年収は348万円でした。



調理師に関連した職業

調理師に関連した職業


<<食物・調理関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す